読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カムスな日々

豊中在住37歳、一児の母の心のなかの記録。

豊中市離乳食講習会「かみかみクラス」を受けてきたよ

子育て 豊中生活

以前、離乳食講習会の「ごっくんクラス」を受けてきた話を書きましたが、

今回その次のクラスである「かみかみクラス」も受けて来ましたよー。

申込方、場所、全部ごっくんクラスと同様です。

 

yurikams.hatenablog.com

離乳食の月齢の目安

  ごっくん期:5-6ヵ月ごろ

  もぐもぐ期:7-8ヵ月ごろ

  かみかみ期:9-11ヵ月ごろ

  ぱくぱく期:1歳-1歳6ヵ月ごろ

 

上記のような感じでざっくり離乳食の時期は分けられていますが、

「ごっくんクラス」でごっくん期ともぐもぐ期の講習を

「かみかみクラス」でかみかみ期からぱくぱく期までの講習を受けることができます。

 

さて、今回も流れはごっくんクラス同様、全体の注意点、メニューの説明後

実際の離乳食を各々試食して終了。

 

f:id:yurikams:20170322091533j:plain

 

特に説明されたのは3回食になるときのごはんの時間。

9ヵ月ごろの赤ちゃんの胃はまだ小さいので、4時間おきに食べる必要があり、面倒でも大人と同じタイミングであげることができないんですね。これがぱくぱく期に入ると大人と同じ時間でオッケーになり、お腹がすくタイミングではおやつを適宜追加していけばオッケーです。

 
心にぐさっとくぎを刺された話3つ

1. 離乳食始めるころには「早く始めても大丈夫ですか?」と聞く方がいる一方、3回食にするこの時期には「遅く始めてもいいですか?」と聞くお母さんばかり。

色々うまくいかずお母さんが面倒くさくなってるんでしょう。お母さんの都合で遅くしないこと。

・・・はい。

 

2. 好き嫌いについて。わたしはレバーが苦手なんですね。調理する気にもなれないし、食べさせたいとも感じられず、調理方法を聞きながら、まあ、別にそれはいっかー、とか思っていたら、

「自分がたべないから食べさせないでいいと思っていませんか?親が嫌いなものを食べさせないということは、親が子供の好き嫌いを作るということです。」ちゃんと色々食べさせること。

・・・はい、すみませんでした。

 

3. 赤ちゃんが食べ物に興味を持ってきたならちゃんと手で触らせてあげること。

 汚れるのを嫌がって、いつまでもお母さんがあげていたら口だけ突き出す子になりますよ。ずーっと、お母さんから食べさせてもらっていて、ある日突然自分で食べれるようになんてなりませんよ。ごはんをこぼして、ぐちゃぐちゃにして、覚えていくもの。お母さんの許せる範囲で一皿でも前においてあげましょう。

・・・ですよね。そりゃそうだ。

 

本当に、ぐさぐさ来ました。

前回のごっくんクラスの時はまだ離乳食開始してなかったので、聞いても「ふーん」と言う感じでしたが、今回は色々大変さがわかってる分、それが更にどれだけの負担になるのかはっきり想像できるし、今すでに毎日大変なのに、更に自分で皿にふれさせ、時間かけて作ったものを皿ごと放り投げられる、そのときの自分の心理状況。。

母にはとにかく心の余裕が必要だ汗。「まあ、いっか」を100回唱えてがんばろう。

 

離乳食の試食

調理方法を聞いていると、調味料もすでに大人と同じようなものを使っているし、

調理方法もほとんど同じなので、もうそんなん食べれるん!?って思ってたけど、

試食してみるとやっぱり離乳食でした。かなり薄味。大人の1/3の味付けが目安。

そして、レバーも少しかじってみると、薄味ながら臭みがないように丁寧に調理されていて、こうやって赤ちゃんに食べさせるんかぁ(涙)、って思ったのでした。

 

それにしても面倒だ。今までと違って普通の料理を完全に二食つくるようなもん。大人をこれに合わせて一食にする案もあるけど、お父さんがんばって仕事して帰ってきたら無味のごはんって、かわいそうすぎるよね。

いや、健康なるからむしろラッキーって考えるべきか。どうせ2,3ヵ月の辛抱やし。

うーーーーん、悩みどころ。

 

今回も色々勉強になりました。

ありがとうございました、中部保健センターの職員の方々。

服部の美味しくて大好きなTETU&SUNのパンが実は体に優しいパンじゃないって気づいた悲しい話

豊中生活

北摂っておいしいパン屋さん多そうですよね。

多いです。美味しいパン屋さん紹介ブログしようかと思うくらい。

 

その中でもカムスが一番お世話になってるパン屋さん、その名も「Tetu&Sun(テチュアンドサン)」英語名の綴りおかしいなぁと思ったら、まさかのテチュアンドサン。びっくりして一回で名前覚えたもん。狙いか。

 

ここの食パンもっちもちなんだよねー。ちょっとあご疲れるくらいに本当にもっちもち。しっかり食べたいときとか満足感あるし大好きで、全体的に値段もリーズナブルで、たぶんご家族で経営されていて奥様の雰囲気とか(奥様じゃなかったらごめんなさい)あったかくて、街のパン屋さんとして満足度の高いお店なんですよ。

 

だからかな、勝手に体に超いいパンを作ってくれてると思ってた。←バカ者。

スーパーに並ぶ大手の食パンは警戒して原材料めっちゃ見るくせに、街のパン屋では一度も見たこともなかったよ、ていうか、袋に原材料を書いてることに気づきもしなかった、1年間。

 

f:id:yurikams:20170315220155j:plain

【原材料】

  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 乳化剤
  • マーガリン
  • イーストフード
  • V・C

ちょっとまって。

いや、これ普通なんだろうか?わからん。でもなんだろうこの違和感。

HPでも「うちの食パンは卵使ってません」ってあんなに堂々・・・。

確かに卵入ってはないけど、卵よりこれらは大丈夫ってことなんだろうか。。

 

ちなみに、カムスが大手の食パンの中で好きなのがパスコの超熟なので比較すると、

f:id:yurikams:20170315220938p:plain

【原材料】

いや、マーガリンははいってるけどさ、バター入りっていうのになんかがんばりを感じるし、見たときちょっと「ぷっ」てなったもん、笑うとこじゃないと思うけど。

でも全体的にみて安心できる感じ。

 

どういうこと?町のパン屋なら良心的みたいな考え方が古いってこと?

全然超熟の方が体に安心ですよってこと?

だって、超熟の二倍近い価格なのに・・(涙目)。

 

そっかぁ、もちもちかぁ、それがあれかなぁ、添加物なしではでないのかなぁ、

まあ、すぐカビてもみんな困るしね、でもさ、今の時代を考えるとさ、

うーーん。

 

悩むなぁ。

ちょっとほかのパン屋さんも要調査ですな。

8ヵ月の恥じらい→母のツボにどきゅーん

8ヵ月のこと 子育て

f:id:yurikams:20170315210812j:plain

8ヵ月になった我が息子。最近目を見張るような動作をすることが多い。

 

今日一緒にお風呂に入っていて母(カムス)がぼーっと髪を洗っていると、すーっとおっぱいににじり寄ってきている。ふと気づいて微笑ましく、「おっぱい見つけたの?^^」と言うと、なんともばつの悪そうな顔で少しはにかみ、おっぱいには来ずにおもちゃの方へ向き直る彼。

 

え・・・なにその反応?。。もう男の子なの?赤ちゃんじゃないの?

恥ずかしいとかあるの?? ぎえーー!

 

他にも、おもちゃを振り回してて何か当たったと振り返ったら、当たったのが母だとわかり「きゃはっ!」とアイドルバリにかわいく喜び笑ったり(母は激痛により顔面硬直)、

 

母が箱の中に触ってほしくないものを隠したのを発見すると、母が立ち去るや否や高速ずりばいで箱を奪いに行ったり。。なんちゅう真剣な顔。

 

8ヵ月ってすごいんやなぁ。ほんますごい。

表情がもうちゃんと気持ちとリンクしてるし、表現方法が正解のそれ。

赤ちゃんてミラクルで、宇宙で、もうなんかもうほんますごい!(この語彙のなさよ!泣)

 

感動を忘れないためのメモメモ日記。おしまい。