カムスな日々

豊中在住37歳、一児の母の心のなかの記録。

しつけに暴力はいらんってわかった日の反省備忘録

11ヵ月のチビ助。いろんなことへの興味とこだわりと主張が強くなってきた。

そんな中、新しいおもちゃが入ったから一緒に遊ぼ~とお呼ばれされお友達の家に。

 

水でお絵描きするタイプのそのおもちゃ。

水を使ってシートにスタンプやら文字がかけて、場所によっていろんな色や柄がでるやつ。

スイスイおえかき NEW カラフルシート

スイスイおえかき NEW カラフルシート

 

 

お部屋も汚れないし安全。そして何よりめっちゃおもしろいやんか!

チビ達も早速興味津々。

 

が、そこで出た。妖怪舐め舐め坊や。いや、お友達の新しいおもちゃだからやめて。

ペンはなめるもんじゃないし、ましてや吸うもんではないから。

家なら触られたくないものは隠すけど、それもできず母次第にイラつく。

 

「舐めないよ」「順番ね」

Kumonの先生にアドバイスいただいた通り、叱るときは短く「-してはいけません」ではなく「-しません」の形で、二回目以降も同じテンションで同じことを繰り返し伝える。。。。

 がしかーし、どんだけ言っても一向にやめない彼。もはや最弱の呪文状態。

→なめる→取り上げる→泣く→なめる→叱る→泣く→のエンドレスループ

 

母完全に根負け。息子がペン吸ってようがおもちゃ一人占めしてようがどうでもよくなっていたものの、「泣いたらいけた!」っていう成功体験にしたくない一心で踏みとどまってた時、彼がまたペンを口に運んだのを見て瞬間的に頭をはたいた。「いいかげんにしなさい」とか言って。

正直、このときは「いうことを聞かない子はこれぐらい叱られるんやぞ!わかったか!」ぐらいの気持ちで、衝動的にやったくせに正当な行為のつもりやった。

 

でもそのすぐあと、息子は自分がされたのと全く同じようにお友達の頭を叩いた。

 

そのときの衝撃たるや。

私がほっぺたひっぱたかれたかと思った。

 

なるほど、私がしたのはしつけじゃなくて、暴力のお手本か。。

息子に申し訳なくて、「お母さんが叩いたからやね、ごめんね」て背中を抱きしめる。

抱きしめながら息子のお友達にも謝る。まさにとばっちり。巻き込まれ事故。おもちゃは使う前にべろべろにされるわ、突然叩かれるわ。ほんまごめんね。

 

はー。しつけに暴力はいらんってことなんやな。そりゃーそうか。

ほんま、子育ては幼稚な自分との闘いやわ。忍耐のない自分。余裕のない自分。こどもなままの自分。全部育てなおす日々。

 

育児は育自か。なるほど名言。

離乳食に違和感?なら、「つよい体をつくる離乳食と子どもごはん」読んでみて

食べるものが体を作ってると思うし、赤ちゃんの体はまっさらで変なものたべさせられん責任も感じるし、そもそも食いしん坊で食への興味は強いから、離乳食の本は結構読んだと思う。真面目に市のやってる離乳食講座にも出席した。

 

yurikams.hatenablog.com

yurikams.hatenablog.com

 でもなんやろう、なんかしっくりこん。

赤ちゃんのご飯ってこんなたいそうなもんなん?

0歳児にレバーとかほんまに食べささなあかんのかな?動物の内臓やで?

アレルギーの原因を私が作ってあげてたらどうしよう、まじで。。

 

って、感じながらも日々新しいレシピにチャレンジしたり、タンパク質もあげないって決める勇気が出ずにちょろちょろあげたりやめたりおろおろ不安になったりしてたときに、ふと読んだこの本。

つよい体をつくる離乳食と子どもごはん

つよい体をつくる離乳食と子どもごはん

 

 

なんかぶわーーーーって気持ちが一気にすっきりした。すごい納得。

 

ぐっときたあたり抜粋。

・離乳食が一生の腸内環境を決めると言っても過言ではありません。そして、それはおのずと免疫力の高さにもつながっていくわけです。

・貧血だからと言って、誰にでもレバーを食べさせることには反対です。とくに乳幼児にレバーは合わないと思います。

・夏には夏の露地で採れるものを、冬には冬の露地で採れるものを体に取り入れるのが最も自然で体に合っています。

・こういうメニューなら子供が喜ぶとか、こういうものでないと食べないと思い込んでいるのは、子どもに迎合しすぎではないでしょうか。

そうやんな、やっぱりそうやんな。ああ(涙)

好きそうやしバナナめっちゃ食べさせてたけど、バナナは熱帯の果物やもんね。そりゃ体からいえば違うよね。。

 

こねくり回して離乳食つくらんでもシンプルでいいんやなって思った。

これからは蒸し器で季節の野菜蒸して、柔らかめに炊いたご飯と一緒に出してあげようと思う。

 

自然派志向で違和感感じながら一生懸命離乳食取り組んでるママに読んでみてほしい本です。

 

赤ちゃんとのお風呂問題はスイマーバで解決できる!

小さい子供を抱える人が気づくことの一つに、

「からだって結構洗わんくても大丈夫」ってことがあると思う。え?

 

これね、いやそんなことないやろ!毎日洗って!って産む前は思ってたんやけど、

実際、赤ちゃんが活動的になってきてからは全然自分のコトなんか手が回らんくて、

めっちゃ泣いてるし、とか、一秒もじっとしてくれんし、とかで否応なしに風呂浸かるだけで洗わずに数日過ごすことになったんやけど、意外や意外、汚くないんです(主観)。

 

とまあ、数日は洗わずとも快適にやれる、と気づいたとしてもいつかは洗わないといけません(当然)。

 

そこで、赤ちゃんと快適にお風呂入るためにいろんな方法を試したけど、うちのベビ助に一番よかったのはこれ!スイマーバ!

 

SWIMAVA(スイマーバ)とは何か。

赤ちゃん用の浮き輪型スポーツ知育用具

 

【重要】これあくまでも知育用具で赤ちゃんが一人で遊ぶもんじゃないので、

ほっとくと普通に危険です。特に慣れないうちは。

それでも、これがあれば湯船で遊ぶベビーをちらちら見ながらシャンプーができる。体が洗える。すっきりできる!

 

こんな時にオススメ

・赤ちゃんがでっかくなって、ベビーバスから飛び出てる。

・パパの帰りが遅くて、お風呂問題はママひとりで解決しないといけない。

・後追いがはじまってママがシャワーの間、外で断末魔の叫び声。

・寒いし、一緒にお風呂であったまりたい。

・ていうか、そろそろゆっくり体洗わせて。

 

 

うちのベビ助の場合

(赤ちゃんはひとりひとりほんまに違うから一概には言えんけど、参考までに)

開始時期・・8ヵ月

タイプ・・・腰につけるタイプ

慣れるまでに要した期間・・・3日

  初日・・・不安で半泣き。母にしがみつき用をなさない。

  2日目・・・多少機嫌のいい時間にトライしたため楽しく遊ぶ。ただし扱いきれずしょっちゅう溺れかける。

  3日目・・・なんとかおぼれないで体勢を維持できる。

 

あと、ベビ助は6ヵ月からベビースイミングに通っていて水慣れしてるとこがあるから、そうじゃなければもう少し慣れるのに時間がかかったんじゃないかなぁと思う。

 

赤ちゃんが泣いて嫌がると、「あー、うちの子これ嫌いなんだー」みたいになって、

あきらめちゃうお母さんも多いんじゃないかなーと思う。もっともです。

でも、うきわを一緒に抱っこするような形で全然怖くないよー一緒にいるよー楽しいよーって安心させてあげながら、機嫌のいい時にちょっとずつトライできると、本来のスポーツ知育にもつながって、ゆくゆくは母のお風呂フリータイム(洗髪などひとりでできる)につながる可能性があるんじゃないかなぁ、と素人ながらに思うので、紹介してみました。ママのお風呂タイムがちょっとでも快適になりますように。

 

腰座りより早い時期から使用するなら首につけるタイプもあるよ。

たぶん、こっちの方がメジャー。