カムスな日々

1歳わんぱく男児と母ちゃんの日常。南豊中情報。旅の記録。

佐々木正美「かわいがり子育て」を読んだら子どもがもっと愛しくなった。

子育て中の方にオススメの本のご紹介。 子育てがしんどい一つの理由は、ずっと休みなく新しいタスクが舞い込んできて、更には日々状況が更新されていくもんやから、自分の状態を俯瞰して態勢を立て直す余裕がないことやと思う。炎上したムーニーのCMじゃない…

石井ゆかりさんの星占いはやっぱり今日もとんがってる。

悩むことがなくなってから、占いを年始以外定期的に読まんくなってる。 以前は週末の更新をまだかまだかと待ち構えてた石井ゆかりさんの週報(週占い)も、とんとご無沙汰に。 ただ最近、人生のステージが一歩進むような新しいことの始まりが多い。だからふ…

ぱくぱく期の赤ちゃんに簡単美味しい和の離乳食のすすめ

離乳食についてずいぶん迷走したカムスですが、「つよいからだをつくる離乳食と子どもごはん」を読んでずいぶん助けられた話は以前書きました。 yurikams.hatenablog.com この本のおかげで、基本的な調味料を使い季節の野菜やごはんを蒸すだけというシンプル…

JALの「どこかにマイル」でどこかに参ってきます

楽しい夏休み旅行から帰り旅費精算を終えると、今年一年分の旅行用予算を全て使い切ったことが判明。 あーつまらん。どこか行きたいなぁ。て、まさに思っていたところJALから「どこかにマイル」の案内メールが届きました。 www.jal.co.jp なになに?名前から…

30代半ばになってから自然妊娠できた理由を考える

北京に住んでいたころ、長い不妊期間を経て突然妊娠したという話は以前書きました。 yurikams.hatenablog.com これ、ほんまなんで妊娠できたんかな?って、そんな神様しか知りえないことを自分なりに考えてみました。 妊娠するためにリセット期を大事にしよ…

子育て奮闘中のママパパに読んでほしいあるある絵本「いっさいはん」

これ、めっちゃオススメ。 なんで早く紹介してなかったんやろ。あほちゃうかな。 いっさいはん さく・え minchi (岩崎書店) あらすじ いわゆる一歳半あるある。一歳半ぐらいの子供の謎に満ちた、(傍から見ると)愛らしすぎる行動があるある形式で紹介され…

「豊中市・すくすく良い歯の教室」は新米ママにめっちゃオススメ

離乳食をはじめ、赤ちゃんの歯も少しずつ生えて来たころ、ふと心配になったこと。 「え、まさかこの歯って磨かなあかんの?」 でもなぁ、まだ前歯数本やしなぁ、ちょっと怖いしなぁ、、、と腰がひけてたときに、豊中市が開催している「すくすく良い歯の教室…

息子のいないいないばあに未来を憂う

息子はいないいないばあが大好き。 テレビ番組じゃなくて、手遊びの方ね。 それこそ、初めてしゃべった言葉がマンマとかアンパンじゃなく「ないないば!」だったというくらいにずっと大好き。 進化の激しい一歳児。 いないいないばあも日ごとにニューバージ…

9/18(祝)曽根の芸文化センターで乳幼児歓迎のコンサートがあるよ!テーマは19世紀末ウィーン!

今月の18日(月)敬老の日に、赤ちゃん参加可能な音楽イベントがあるのでご紹介。 しかもテーマは19世紀末ウィーン!未就学児歓迎だからといって、内容が子供に寄ってないところがいい。母の私がわくわくわく♫ しかもこのイベント、無料だそうです。えらいこ…

【まとめ】赤ちゃんと行く西表島旅記録

2017年の夏休み、1歳になったばかりの息子を連れて西表島に行ってきました。 行くまでは心配なこともいっぱいありましたが、杞憂でした。 子どもは何歳までは運賃無料とか、将来子どもは覚えてないとか、そんなことどうでもいいと思う。行ったら親も子供も絶…

西表島の夜、民宿で珈琲のみながら考えたこと

いつかは南国に移住したいと半ば本気で考えているカムスです。 だから沖縄はずっと気になってました。わざわざビザとって海外にすまんくても沖縄があるのでは?位置的に考えればもはや台湾と同じ(風土、気候、気質)なのでは? 結論、沖縄は完全に日本でし…

【予算編】1歳1ヵ月の赤ちゃんと西表島に行ってきた話

西表島へ楽しい楽しい家族旅行。でも一体どれくらいお金が必要なのか? はい、お盆に家族3人(一人は赤ちゃん)で行ったらこうなりました。 皆様のご参考になれば幸いです。 期間:2017/8/13-18 5泊6日 参加人数:大人2名+だいたい無料の赤ちゃん 交通費 ・…

【ランチ編】1歳1ヵ月の赤ちゃんと西表島に行ってきた話

西表島滞在中に食べた物も記録しておきます。 ほとんどお宿で食べたので、外食は少ないですが。 散歩の水分補給にさんぴん茶。さんぴん茶ってジャスミンティーなんですね?知らなかった。でも一般的なジャスミンティーより香りが穏やかでした。 キッチンinab…

星砂の浜は1歳児と一緒に楽しめる海好きママに最高のビーチだった 

突然ですが、私は海が大好き!なのです。 40前らしい体形もなんのその、今夏水着を2着も新調してしまうほどです。 みなさんも、南の島に行って海入らんとかないよね? え、赤ちゃんいるから無理? ご安心ください。赤ちゃん連れでも安心して遊べる遠浅のビー…

「浦内川ジャングルクルーズ」で西表島の大自然を満喫するために重要な時間管理について

ハイキング好き、マングローブ好きにはぜひおすすめしたいやつ。 ピナイサーラの滝見に行きたいなぁ。でも赤ちゃんいるしなぁって諦めた方(それは私)、ぜひこちらへ。マングローブも滝もトレッキングコースもあります。 浦内川ジャングルクルーズ これは、…

赤ちゃんもおじいちゃんも一緒に楽しめる観光地、水牛車に乗って由布島へ行ってみた

西表島と言えば、やっぱり由布島に渡る水牛車の風景が印象的。 由布島自体は熱帯植物園になっていて観光できますが、なんてことない、数百メートルほどの浅瀬を水牛車で渡るのがメインの簡単な観光地です。 でも、そこに行くまでのドライブがとっても気持ち…

【宿泊編】1歳1ヵ月の赤ちゃんと西表島に行ってきた話 (民宿マリウドレポート)

西表島での宿泊先、悩みました。 ステキなホテルもあるし、泊まってみたい。でも今回は赤ちゃん連れ。 ところかまわず這うわ裸足で歩くわ、しまいには舐めまわす。。。ひぇぇ。 やっぱり、なるべく靴のまま入室するタイプの洋室は避けたい。 赤ちゃんをフリ…

【移動編】1歳1ヵ月の赤ちゃんと西表島に行ってきた話

夏休みに行った西表島。最高でした。 赤ちゃん連れに限らず子供を連れて旅行する場合、移動が簡単・便利なことは超重要!とはわかりつつ、それでも西表島に行きたい!から行ってみたら、移動が大変でした。あはは。 行き方 西表島に飛ぶ飛行機はないため飛行…

【荷物編】1歳1ヵ月の赤ちゃんと西表島に行ってきた話

赤ちゃんとの旅行ってどう頑張っても荷物が多くなるよね。 なんならおむつを必要量つめるだけでスーツケースの片側埋まるもんね。 しかも当日は、約10kgの赤ちゃんという暴れ荷物が追加されるという。 さて、極力手荷物を少なくするにはどうするか。 基本…

一歳児の母が考えるおっぱいの三大効能。だから、卒乳って難しい。

卒乳が難しく感じてきたことを別記事で書きました。 yurikams.hatenablog.com さて、卒乳のなにが難しいと感じるのか。逆におっぱいがあると何がいいのか。 赤ちゃんを育てるまで知らなかった、おっぱいのすごいところについて書きたいと思います。 鎮静剤配…

産後1年たったら母乳に栄養はないってほんとですか!?

息子君が一歳になった。彼がまだお腹の中にいた頃、「たぶん一歳になるくらいの頃には卒乳してるんやろうなぁ。それまではお酒はお預けやけど、まあ、それまでの我慢我慢。」なんて、ふんわりと思ってたんよね。 だって、なんか「いつまでもおっぱいあげてる…

北京で待望の赤ちゃんを妊娠した話

愛する息子ちゃんが一歳になりました。 ふあー、なかなかないくらい濃密な一年やった。 夫婦ともに結婚記念日を忘れるという…笑、それぐらいに毎日が新鮮で濃かった。 これを機に、妊娠から出産までのコト色々思い出したので、 覚書的に回想録を書いていこう…

ママたちのこんなカフェあったらいいなが実現した「ほづみ絵本の森カフェ」は豊中服部にあるよ。

赤ちゃんとの生活が始まって2、3ヶ月もすると、もう外に出かけたくてしゃーなくなるよね。そんなことない?私はそうでした。 と言っても、行くとこがなかなか難しい。赤ちゃん的に公園はまだ早いし、カフェに行っても泣いたりしたら気ぃ遣うし、奇跡的に寝て…

産後に一番最適なヘアースタイルを考えてみる

「産後ってたぶん色々忙しくて自分のコトする時間ないだろうから、ブローせずともくくってしまえば何とかなるセミロングくらいがいいではないか?」 と、妊娠中想像してたのだけど、実際のところ、そういう簡単なことじゃなかった。 産後のヘアスタイルって…

赤ちゃんの頭髪に天然のパフュームを

ん?赤ちゃんに近づくとなんだかいい匂い。 赤ちゃんの持ってる独特のやつじゃなくって、もっと洗練された感じ。 どうやら頭から香ってくるみたい。くんくんくん。 そういえば今朝の散歩のとき、ローズマリーの茂みに頭突っ込んで遊んでたな。 ローズマリー…

乳酸キャベツ食べて母乳あげたら赤子のウンチが緑色になる話

午後4時すぎ、夕食後のこと。 う、うそやろ? ほうれん草ペーストみたいなん出てきましたけど。。 なんで緑なん?最近何食べたさせたっけ? トマト、にんじん、玉ねぎ、ほっけ、ごはん、そうめん、コーンスープ、枝豆・・ え?枝豆?・・まさか。 でも、どん…

大泉門でわかる赤ちゃんのシックスセンス!?

先日、育児支援カフェの保育士さんから聞いたおもしろいこと。 保育士さんたちの中でまことしやかにささやかれているおはなし。 大泉門が大きい子は第六感が強い? 赤ちゃんってお母さんのお腹の中から出てくるとき、頭蓋骨を重ね合わせてなるべく小さくなっ…

プレパパに読んでほしい一冊『嫁ハンをいたわってやりたい ダンナのための妊娠出産読本』

妊娠中、これでもかって本読みました。 この育児に対する異常な勉強熱心さは高齢出産あるあるですよね。 が、しかし、足並み揃えて戦っていきたいパートナーである夫の自覚たるや。 「新生児って寝てばっかりやのに、何がそんなに大変なん?」とかいう(うち…

赤ちゃんと一緒によしよししたい絵本「さわらせて」

動物を触るしかけ絵本って結構ありますよね。 ページから毛がふさふさ出てたりしておもしろい。あれはあれで好き。 でも、これはめっちゃシンプルなの。 さわらせて みやまつ ともみ さく(アリス館) あらすじ いぬさんやねこさんにうさぎさん、かめさんや…

胎教の効果(反応)はお腹にいる時からちゃんと実感できるよ!やってみるべし!

ハッピーだったりつわりで何も考えられなくなったりと色々忙しい妊娠期。 そんななか、みんな胎教とかもするんかな? いや、胎教ってそもそもなんなの? なんかちょっとスピリチュアル入ってるようなイメージ?でも言葉に教育の「教」が入ってるし、「胎教」…