旅猫

Have some fun with your baby!

Hello.

ブログタイトル変更しました

ブログタイトル変更しました

こんにちは。カムスです。 最近、ブログをもっとなんとかしたい、と思い立ち 色んな部分のてこ入れをがんばろうとしています。 たくさんの親切なブロガーさんのページで猛勉強中なのですが、 みなさん本当にすごい。どうやって自分でそんなこと思いつくのか…

静岡・愛知土産の新定番に「八丁みそまん」がオススメ!

こんにちは、カムスです。 お土産って悩みません? 相手が気楽に受け取れるちょっとしたもので(または予算内で)、その土地ならではのもので、なおかつ美味しいもの。。。 センスでますよねぇ。 会社で働いてるとき、お土産センスのいい営業さんが大好きで…

子どもと楽しむ秋の行楽、「川西園」でさつまいも掘り

こんにちは、カムスです。 さきほど、栗拾いに行ったことを書いたのですが、 実は、さつまいも掘りにもいってきました。 味覚狩りのハシゴですね。 さつまいも掘りに行ったのは大阪北部、箕面にある「川西園」さんです。 川西園さんではさつまいも掘り以外に…

こどもと楽しむ秋の行楽、「中政園」で栗ひろい

こんにちは、カムスです。 秋晴れの一日、よちよち歩きに貫禄が出てきた息子を連れて、 大阪北部の山、箕面にある中政園さんに栗ひろいにいってきました。 駐車場から上がっていくとこちらの看板が見えてきます。 入ってすぐのところに受付があり、栗拾い料…

【豊中情報】秋色の都市緑化植物園、今なら年パスがたったの420円!

こんにちは、カムスです。 久しぶりにお天気のいい日が続いていて嬉しいですね! 今週、カムスとベビ助は服部緑地の植物園三昧でした。 どんぐりや柿の実を拾ったり、落ち葉をシャカシャカしたり、ハーブ園散歩したり・・・ なぜ足繫く植物園に通っているかとい…

のんびり穏やかな気持ちになれる絵本「ぞうくんのさんぽ」

幼稚園の読み聞かせで知り、大ファンになった絵本を紹介します。 これ、きっと人気の絵本よね?こないだ赤ちゃん本舗でこのイラストトレーナー売ってたの見たもん。サイズがなくて諦めたけど、めっちゃ欲しかった(;;) ぞうくんのさんぽ (福音館書店) …

身につまされてじーんとくる絵本「トマトさん」

こんにちは、カムスです。 お気に入りの珈琲屋さんで、子どもに絵本を読んであげていたら、 身につまされすぎて「うぅ・・」と、声が出なくなってしまった絵本を紹介します。 トマトさん (福音館書店) さく 田中 清代 あらすじ ある夏の暑い日、熟れたトマ…

【まとめ】赤ちゃんと行く、上高地と奥飛騨温泉郷平湯温泉

こんにちは、カムスです。 どうしても上高地に行くと言って譲らない父ちゃんのために、 まだ、ヨチ・・、くらいしか歩けない一歳になりたての赤ちゃんを連れて 上高地にいってきました。 色々心配事はありましたが、結局すっごく楽しかったのでオススメです…

紀ノ川柿は真っ黒でとろあまの濃厚な柿だというはなし

こんにちは。カムスです。 柿が美味しい季節ですね~。 片手にみかん、片手に柿を山盛り下げて帰る道すがら、日本の秋を思います。 いやー、日本に生まれてよかった。 先日、いつも買う和歌山の果物直売所で、面白い柿を見つけました。 左:平柿 右:紀ノ川…

こどもが昔の家体験できる「平湯民族館」でママもほっこり

こんにちは。カムスです。 私は温泉旅行に行くとき、ちょっと早めに宿に入るのが好きです。 部屋に案内され、お茶と茶菓子をいただきながら何気ない会話を女中さんと交わす時間とか、まだ明るい内に温泉を楽しんだりだとかそういう時間が楽しい。 あと、もう…

赤ちゃん連れでも気疲れしない温泉宿「平湯温泉 やまと館」レポート

こんにちは。カムスです。 先日、上高地旅行について記事を書きました。 今日はそのときに宿泊した旅館のレポートをしたいと思います。 上高地旅行について書いた記事はこちら。 奥飛騨温泉郷にはいくつかのステキな温泉があるのですが、 今回は上高地へのア…

こどもと一緒にお金を学ぶ時に役立つ本「お金さえあればいい?」

大人は知らない・子供は知りたい! お金さえあればいい? 子どもと考える経済のはなし 浜 矩子 (クレヨンハウス) 「経済ってなに?」ってもしこどもに聞かれたら? 分かりやすく答えられるかな? うーん、難しい。正直自分もよくわからんもの。 でもお金って…

赤ちゃん連れママ目線で歩く上高地 河童橋~明神池コース編

二日目の上高地。本日のコースは河童橋から明神池の往復です。行きは梓川の右岸を行き、帰りは左岸を通って帰ります。 歩く距離が長いということで、秘密兵器ジャジャジャジャーン。エルゴからのアップグレード感がすごい。ちなみに重量もアップグレード。。…

赤ちゃん連れママ目線で歩く上高地 大正池~河童橋コース編

平湯バスターミナルより上高地行きバスに乗り換え大正池駅で下車。 本日のコースは大正池から河童橋へ。ガイドブックによれば1時間10分のコースです。 大正池です。水鏡になって本当に綺麗。九塞溝を思わせる幻想的な水色にテンションが上がります。でも歩き…

赤ちゃん連れて上高地に行くならこんなプラン

憧れの上高地。 夏はもちろん四季を通じて美しい高原。周囲には素晴らしい温泉もたくさん。 あぁ、行ってみたいですよね。たとえまだよちよちの赤ちゃんがいたとしても! はい、行ってきました。まだ数歩しか歩けない赤ちゃんと一緒に行ってほんとに楽しめる…

11/19(日)幕内秀夫氏講演会「じょうぶなこどもをつくる基本食」(エトレ豊中)があるよ

ほそぼそ書いてるブログですが、離乳食関連の記事は読んでもらえることが多いようで、みんなのこどもの食に関する関心の高さを感じています。 さて、こどもの食に関する講演会「じょうぶなこどもをつくる基本食」が11月19日に豊中であるとお友達に教えてもら…

レトロかわいい外国絵本「パンタロンとケーキやさん」

パンタロンとケーキやさん (好学社) さく キャサリン・ジャクソン え レナード・ワイスガード やく こみや ゆう あらすじ プードルのパンタロンはベーカーさんの作るケーキが大好き。ある日ベーカーさんのケーキを買いに行くと、おてつだい募集の看板が。…

歯磨きより大事なことがわかる『こどもの歯を「治療・矯正」する前に』を読んで

こどもの歯問題、これは親にとって大きな関心事じゃないかなぁ。 以前、市の主催する「すくすく良い歯の教室」に参加して色々と教えてもらったんやけど、息子も1歳3ヵ月になり、奥歯もだんだん生え始め、いつ頃から歯科に通わそうかなぁ、と思ってたところ、…

くだらなくて可愛すぎる絵本「ぶぅさんのブー」

ぶぅさんのブー さく 100%ORANGE(及川賢治・竹内繭子) あらすじ いや、あらすじも何もぶぅさんの暮らしを「ブー」という合言葉とともに紹介する、いや、そんな紹介とか堅苦しいもんでもないか。あー、こまったのブー。 感想 小気味良い語感でスピード感す…

佐々木正美「かわいがり子育て」を読んだら子どもがもっと愛しくなった。

子育て中の方にオススメの本のご紹介。 子育てがしんどい一つの理由は、ずっと休みなく新しいタスクが舞い込んできて、更には日々状況が更新されていくもんやから、自分の状態を俯瞰して態勢を立て直す余裕がないことやと思う。炎上したムーニーのCMじゃない…

石井ゆかりさんの星占いはやっぱり今日もとんがってる。

悩むことがなくなってから、占いを年始以外定期的に読まんくなってる。 以前は週末の更新をまだかまだかと待ち構えてた石井ゆかりさんの週報(週占い)も、とんとご無沙汰に。 ただ最近、人生のステージが一歩進むような新しいことの始まりが多い。だからふ…

ぱくぱく期の赤ちゃんに簡単美味しい和の離乳食のすすめ

離乳食についてずいぶん迷走したカムスですが、「つよいからだをつくる離乳食と子どもごはん」を読んでずいぶん助けられた話は以前書きました。 yurikams.hatenablog.com この本のおかげで、基本的な調味料を使い季節の野菜やごはんを蒸すだけというシンプル…

JALの「どこかにマイル」でどこかに参ってきます

楽しい夏休み旅行から帰り旅費精算を終えると、今年一年分の旅行用予算を全て使い切ったことが判明。 あーつまらん。どこか行きたいなぁ。て、まさに思っていたところJALから「どこかにマイル」の案内メールが届きました。 www.jal.co.jp なになに?名前から…

30代半ばになってから自然妊娠できた理由を考える

北京に住んでいたころ、長い不妊期間を経て突然妊娠したという話は以前書きました。 yurikams.hatenablog.com これ、ほんまなんで妊娠できたんかな?って、そんな神様しか知りえないことを自分なりに考えてみました。 妊娠するためにリセット期を大事にしよ…

子育て奮闘中のママパパに読んでほしいあるある絵本「いっさいはん」

これ、めっちゃオススメ。 なんで早く紹介してなかったんやろ。あほちゃうかな。 いっさいはん さく・え minchi (岩崎書店) あらすじ いわゆる一歳半あるある。一歳半ぐらいの子供の謎に満ちた、(傍から見ると)愛らしすぎる行動があるある形式で紹介され…

「豊中市・すくすく良い歯の教室」は新米ママにめっちゃオススメ

離乳食をはじめ、赤ちゃんの歯も少しずつ生えて来たころ、ふと心配になったこと。 「え、まさかこの歯って磨かなあかんの?」 でもなぁ、まだ前歯数本やしなぁ、ちょっと怖いしなぁ、、、と腰がひけてたときに、豊中市が開催している「すくすく良い歯の教室…

息子のいないいないばあに未来を憂う

息子はいないいないばあが大好き。 テレビ番組じゃなくて、手遊びの方ね。 それこそ、初めてしゃべった言葉がマンマとかアンパンじゃなく「ないないば!」だったというくらいにずっと大好き。 進化の激しい一歳児。 いないいないばあも日ごとにニューバージ…

9/18(祝)曽根の芸文化センターで乳幼児歓迎のコンサートがあるよ!テーマは19世紀末ウィーン!

今月の18日(月)敬老の日に、赤ちゃん参加可能な音楽イベントがあるのでご紹介。 しかもテーマは19世紀末ウィーン!未就学児歓迎だからといって、内容が子供に寄ってないところがいい。母の私がわくわくわく♫ しかもこのイベント、無料だそうです。えらいこ…

【まとめ】赤ちゃんと行く西表島旅記録

2017年の夏休み、1歳になったばかりの息子を連れて西表島に行ってきました。 行くまでは心配なこともいっぱいありましたが、杞憂でした。 子どもは何歳までは運賃無料とか、将来子どもは覚えてないとか、そんなことどうでもいいと思う。行ったら親も子供も絶…

西表島の夜、民宿で珈琲のみながら考えたこと

いつかは南国に移住したいと半ば本気で考えているカムスです。 だから沖縄はずっと気になってました。わざわざビザとって海外にすまんくても沖縄があるのでは?位置的に考えればもはや台湾と同じ(風土、気候、気質)なのでは? 結論、沖縄は完全に日本でし…