読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カムスな日々

豊中在住37歳、一児の母の心のなかの記録。

年の初めは石井ゆかりの予言書で一年の計画をたてよう

スピリチュアル

毎年、年始の楽しみと言ったらこれ。

これ読まな一年始められん、て言うとちょっと過言やけども。

でも本当に楽しみにしてるやつ。12月入ったあたりからわくわく。

 

それは、石井ゆかりさんの「年報」という名の星座占い。

 

むかーし、全然今みたいに石井さんが有名じゃなかった頃、

はじめてこの年報読んで、背筋ぞわそわーーーってなったの覚えてる。

ちょうど12月、一年が終わるころにその年の占いを読んだんよな。

記憶も新しい一年の出来事がフラッシュバック。読み遅れた予言書。びっくりした。

いやー、世の中には当たる星占いとかあるんやな、と。

しかも、無料て!!驚。

こんなに有名になられて、書籍もバンバン出されてる今も、無料

頭下がるわ。

 

石井さんの占いのいいとこは、当たることはもちろんにしても、

全てにおいて表現が前向きなところ。「しんどい時期」とは決して言わずに、

別の言い方で「頑張る時期」なんやって教えてくれる。抜けた頃に、今までしんどかったですねーって寄り添ってくれる。だからがんばろう!てなる。

占い師は本来こうあってほしいなあ。

もう、ビビらせて金とるみたいな、真反対のやつやめようや。

石井さんのはまさに「北風と太陽」でいう、太陽の占い。

太陽に服脱がされるみたいに、どんどん貢いでる石井信者も多そう、ははw

 

でも、ひとつだけ注意。

この占いは読手に感受性と余裕が必要ってとこ。

だって、文章が予言書さながらに長い。しかも抽象的。
緊急に悩んでるときは読んでられん。頭に入ってこんと思う。

もしくは救いを求めて深読みしすぎる。

当たるも八卦、くらいで、今年はこんな雰囲気かーくらいの感じで読むがちょうどいい。

ま、それって占い全般に言えることかもやけど。

 

では、今年の計画まだの方どうぞ。

2017年の年報はコチラ⇩

2017年の星占い

携帯からだとLINEのページが読みやすい、それはコチラ⇩

石井ゆかり 公式ブログ - 2017年筋トレ年報のミラーページまとめ - Powered by LINE