カムスな日々

37歳のこころのうち。子育てのこと。南豊中のこと。

「ふんどし育児」はじめました

布おむつやるならいっそふんどし

なんせ昭和なもんで、弟や妹の布おむつが何十枚とひらひら干されている中で育ったんです。なので、なんとなく布おむつで育ててみようかなーと、まぁ高齢出産にありがちな意識高い系育児の典型だったりするやつです。

 

楽しく続けて来た布おむつ生活も、はてさてベビちゃんが8ヵ月になる頃、急にしんどくなってきた。なぜか。➡ベビ助が動くから。

本当に一秒もじっとしてない。じっとしてくれないと、布おむつはテープ式の紙おむつより更につけにくい。だから、必死の思いでつけたのに、すぐまたおしっこされてがっくり。おしっこサインかと思ってはずしたのに、濡れて無くてあれ?と思って、これまた必死につけたらその後におしっこが出て涙目。とかいうことが続き、母はもうくたくた。

 

そんな時に出会ったのがこのふんどし育児!

目から鱗がボロボロじゃじゃじゃー。

布が大変になってきたお母さんにぜひ読んでほしい一冊。

 

ふんどし育児  布一枚、紐一本。超シンプルおむつライフのすすめ

ふんどし育児 布一枚、紐一本。超シンプルおむつライフのすすめ

 

 

ふんどしは簡単!シンプル!

やり方は詳しくは本を読んでもらった方がいいけど、

簡単に言うと、輪おむつを腰に巻いたゴムひもにひっかけるだけ。

当然漏れる(なんなら漏れるくらいの方がいいらしい)し、それに対応する部屋にする必要もあるんやけど、でもそのシンプルさが心にフィットする。楽。

 

年をとるとどんどん自然回帰していって、それと同時に物に頼らない生活に魅力を感じているのは私だけじゃないはず。

ふんどしは布一枚、紐一本から始められる、究極にシンプル&エコなおむつ。

知ったらはまる人は多いんじゃないかな。

 

ふんどしは経済的

ふんどしはですね、なんといっても安上がりです。

まあ、お金だけじゃないよね。紙おむつって買いに行くの結構めんどくさいでしょ。重いしね。すぐなくなるし。そしてごみは大量になるしね。ごみ捨て忘れた問題で夫婦喧嘩になるというのはよく聞くもん。

その点、ふんどしはですね。多少洗濯物が増えるぐらいでごみもなければコストも激安。やる気になれば不要布で初期投資ゼロ円からできる。

布おむつもコスパいいけど、実は布カバーに地味にお金がかかる。でもまあ、そこはどうだろう、私はかけてもいいんじゃないかと思う。どっちなんだ。

 

トイレトレーニング不要!?

ここはですね。まだ何とも言えないな。ただどうやら本によるとそうらしいです。

そうなったらいいなあ、という下心でやってはいるけどどうなんでしょう。

結果が出たら報告したいと思います。

 

母子の心が近くなる

ふんどしにして気づいたことは、ベビ助は午前中は思ってたよりずっとこまめにおしっこをしてるということ。つまり今まではおむつカバーの中で冷たくなった布おむつが替えられずさらにそこにおしっこをさせていたことが結構あったということ。いやそれはうちだけでみんなは大丈夫かもしれない。でも私みたいにぼっさりしててもふんどしだと一目瞭然すぐに気付いてさっと替えてあげられるから安心。

しかも、替えるとき無理やり押さえつけなくても、遊んでるところを邪魔せずささっと替えてあげられるから母子戦争にならないし、替えるのが苦じゃないどころかなんかもう愛しい気持ちが湧いてくる。

思い込みかもしれないけど、ふんどしにしてからなんだか心が前より通い合ってる気がする。もう、思い込みでもいい。そんな気がするという効果がすごい。

 

どうでもいいけど、赤ちゃんにふんどしって、略すと「赤フン」ですね。

だまされたと思って、「赤フン」ぜひやってみてね。