カムスな日々

1歳わんぱく男児と母ちゃんの日常。南豊中情報。旅の記録。

胎教の効果(反応)はお腹にいる時からちゃんと実感できるよ!やってみるべし!

ハッピーだったりつわりで何も考えられなくなったりと色々忙しい妊娠期。

そんななか、みんな胎教とかもするんかな?

いや、胎教ってそもそもなんなの?

なんかちょっとスピリチュアル入ってるようなイメージ?
でも言葉に教育の「教」が入ってるし、「胎教」➡「胎児に対する早期教育」なのかなー?とかカムスは思ってたけど、人によって捉え方は結構いろいろで、胎教の範疇って結構広いんやよね。

胎教にいいと言われていること
・音楽を聞かせる
・絵本の読み聞かせ
・キックゲームなどのコミュニケーション
・お腹をなでる、話しかける、散歩に行く
・母が日々幸せに過ごす


最後のとか、母の気持ち自体になってるからもう範疇大きすぎ。みんな知らんうちに胎教中なってたりするね。

この中でカムスが実際やってみて、特に面白かったのが「音楽を聞かせる」こと。
一応定番としてクラシック音楽から、マタニティ用に編集されたものを聞くことが多かったかな。これなら突然、魔王みたいな恐ろしい音色のやつが流れてくることもなく安心。

胎教は繰り返すと反応がわかる!毎日の定番に!

カムスの場合、日中は気分で色々きいて、朝と夜は同じものを毎日かけてたんやけど、
そうするとですね、胎動がはっきりわかるようになった頃、なんと朝と夜だけ、音楽をかけた瞬間に赤ちゃんが反応するように!

しかも音楽かけたら即反応レベル!すごくない?寝る前とか「いやいや、今から寝るのに起こしてどうする」みたいな葛藤が生まれるくらいの激しい反応。でも、赤ちゃんが楽しみに待っている気がしてついかけるという・・笑

なので、胎教のポイントは同じ時間に同じ題材(音楽にしろ絵本にしろ)をしつこく繰り返し聞かせることなんじゃないかと。いや、赤ちゃんの反応がわかりやすくなるってだけです。毎日いろんなことをしても何をしてもきっと効果はあるんだと思う。でもさ、やっぱ感じたくない?赤ちゃんの反応を。当たり前やけど、一緒に音楽聞いてるんやなーって感動しちゃうよ。


ちなみにうちの定番はこれ。ご参考まで。
朝、起きたとき:
『赤ちゃんとママの音楽会 ぱっちり おめざめ』
グリューバー(アルトゥール) (指揮), ベルリン交響楽団 (演奏)

赤ちゃんとママの音楽会 ぱっちり おめざめ

赤ちゃんとママの音楽会 ぱっちり おめざめ

 



夜、寝る前:
『ほーら、泣きやんだ!すやすやクラシックベスト』
神山純一J PROJECT (アーティスト, 演奏)

<COLEZO!>ほーら、泣きやんだ!すやすやクラシックベスト

<COLEZO!>ほーら、泣きやんだ!すやすやクラシックベスト

 

 

赤ちゃんってすごい。

お腹にいる時から、音楽を聴いて楽しむこともできるし、なんとその音楽を記憶して区別することもできる。嘘みたいやよね。でもカムスも実際経験したし、これは本当。

だから、楽しいばっかりじゃない妊娠期、でも気づけばあっという間に終わってしまう一心同体の愛しい時間をふたりでめいいっぱい楽しんでほしいなー。