カムスな日々

1歳わんぱく男児と母ちゃんの日常。南豊中情報。旅の記録。

ぱくぱく期の赤ちゃんに簡単美味しい和の離乳食のすすめ

離乳食についてずいぶん迷走したカムスですが、「つよいからだをつくる離乳食と子どもごはん」を読んでずいぶん助けられた話は以前書きました。

 

yurikams.hatenablog.com

この本のおかげで、基本的な調味料を使い季節の野菜やごはんを蒸すだけというシンプルでいて滋味深く自分が食べても美味しいと感じる食事を赤ちゃんに作ってあげられるようになり、とっても満足していました。もぐもぐ期からかみかみ期に関しては、このやり方がベストなんじゃないか!と思っています。ただ、ぱくぱく期に入る頃から、赤ちゃん自身周りの大人の食べているものへの興味が強くなり手を伸ばすようになったり、徐々に外食の機会も増えてきたため、あまりに普段の離乳食と取り分け食のギャップがあるのはどうなのかとなんとなく不安な気持ちもでてきたので、もう少し普段のお料理に近いものも徐々に出していきたいなぁと考えていました。

 

でも、よくある離乳食レシピ本ってこういう感じ。

f:id:yurikams:20170912213106j:plain

え、生のトマトと焼いた豆腐にごはんで、デザートにメロンって。。。

わゎ、魚のソテーにいちごヨーグルトかけてる。。。

ちょっと赤ちゃんのこと軽視しすぎやろ。食のセンスなくなるわ。栄養素さえパーフェクトやったらいいんか!って怒りと共に絶句してたときに出会った本がこちら。

 

NHKすくすく子育て 和の離乳食〈Part2〉

このなんとも敷居の高そうな表紙…(笑)

わかる。赤ちゃんとのことで精いっぱいやのに離乳食まで丁寧に和食作るとか無理すぎるよね。でも大丈夫。安心してください。作ってみて驚いたんやけどこの本実はぜーんぜん難しくないの。めっちゃシンプルかつ簡単。そして美味しい!!ほんまこの本もっとみんなに知ってほしい。いや、だからなんなんこの敷居の高い表紙。手伸ばしにくいわ。

 

f:id:yurikams:20170912212949j:plain

美味しそうでしょ?美味しいんです。

離乳食というよりは普通の和食から赤ちゃんにもOKなものを選んだという感じ。

うちの坊やも大好きなレシピ。そうめんをご飯に変えた雑炊風も好評でした。

 

f:id:yurikams:20170912213030j:plain

そんなにレシピ数も多くないけど赤ちゃんに適した味付けの基本の割合を教えてくれるこの本、季節の野菜やたんぱく質の組み合わせ次第でレシピはもう無限大なのです。それにレシピ自体もアレンジしやすいものが多いよ。

 

はぁ。ほんとどれつくっても美味しいの。だから逆に子の離乳食から母がとりわけでランチをいただく日々です。

 

ぱくぱく期からこれからの幼児食にかけて長くお世話になりそうな本。

良かったら手に取ってみてください。残念ながら新品はもう品切れのようですが、中古品なら198円~あるようですし、お近くの図書館にもあるかもしれません。

NHKすくすく子育て 和の離乳食〈Part2〉

NHKすくすく子育て 和の離乳食〈Part2〉